料金を安くするには|引き継ぎや手続きに追われる毎日|単身赴任が決まったら大忙し
作業員

料金を安くするには

包装されたPC

大手は割高になっている

よく引越しは、複数の業者の見積りを見合わせるといいますが、同じ移動距離、作業時間、作業人数、荷物の量であったとしても料金比較すると最安値と最高値で数万円も差が出てくることがあります。大手引越し業者など名前をよく聞く知名度の高い業者などは、テレビコマーシャルをしています。宣伝費がかかるためにその分が料金に上乗せされていたり、保険の内容が充実している、作業に携わる人数が多い、サービスが行き届いているなどの理由があります。単純に大手業者を避ければ、安い料金にすることはできるのですが、一概に高いからという理由だけでその会社は使わないのではなく、作業スタッフの質や遠距離への対応、無料で受けられる特典などがありますので、そういった部分も比較して検討することです。

コストを減らして安く

引越し料金は、一括見積サイトで料金を簡単比較できます。比較すると業者間で料金が違うことが分かりますが、何にコストがかかっているのかというと、作業予定日、作業人数、トラックの大きさ、移動距離、荷物の量、エレベーターの有無、養生の量、部屋の間取りなどです。この中で、コストが減らせる部分となると荷物の量です。訪問見積もり前に、不用品は処分しておくことで荷物の量は減らせますので引越し料金を安くすることができます。また、作業人数を減らしてください、トラックをワンサイズ小さいものにしてください、というのは無理なお願いなので断られることがあります。また、日程によっても料金が変わるので、平日などが空いている傾向にあります。