荷物を運ぶ準備|引き継ぎや手続きに追われる毎日|単身赴任が決まったら大忙し
作業員

荷物を運ぶ準備

ダンボールと子供

荷物を詰める順番

引越しの荷造りをするときは、最初に重たい荷物と軽い荷物に分けておくようにしましょう。重たい荷物は小さなダンボールへ、軽い荷物は大きなダンボールに詰めるのがベストです。重たい荷物を大きなダンボールに詰めてしまうと、ダンボールが重さに耐えられずに底が抜けてしまう可能性があるので、必ず小さなダンボールに詰めるようにしてください。荷造りをするときは、ダンボールの重さを確かめながら行うようにしましょう。引越しする日まで時間に余裕があるなら、すぐに使わない物から荷造りを始めると良いでしょう。シーズンオフの衣類やバッグなど、すぐに使わない物だけまとめて荷造りしておくと後で困る必要がありません。トイレットペーパーなど新居ですぐに必要となる物もまとめてダンボールに詰めておくと、新生活をスムーズに始めることができます。

ハンガーボックスが便利

タンスの中身をダンボール箱に詰めるのが面倒ならば、タンスをそのまま運んでくれる引越し業者に依頼すると良いでしょう。最近はタンスの荷造りが不要な業者が増えてきているので、荷造りをする時間がない人におすすめです。最近特に注目を集めているのは、ハンガーボックスというサービスです。ハンガーボックスとは、ハンガーにかかっている衣類をそのままの状態で運ぶことができるサービスです。ハンガーボックスを利用すれば衣類にシワができず、クローゼットから衣類を出すだけで簡単に運び出すことができるので、引越しの衣類の荷造りをする時間を大幅に削減することができます。大事な衣類を運びたいときは、ハンガーボックスのある業者を利用すると良いでしょう。